クサガメ梅吉の、3度のメシより干すのがスキ。

大して知識も無いまま『カメ』の飼育を始めてしまった、中年オヤジの奮闘記です。

# 19 きなこさん、ライバルがいたんですね。

f:id:yasunori-suteki:20170819075637j:plain

ミルワームをもらいにやってきたきなこさん。

食べる量にバラツキがありますが、1回のご飯タイムで2〜3匹食べます。

まだ体が小さいので、時間をかけて『あぐあぐ』して飲み込む感じです。


ミルワームは、その体がツルツルしてるせいで、きなこさんがくわえようとすると、ツルっとすべって食べるのに悪戦苦闘。

その脇からミルワームをぶん獲っていく金魚。

前からそうだったのですが、きなこさんのエサを横取りする姿をしばしば見かけます。

きなこさんのライバルですね。


この金魚は、ちょっと前に我が子達が金魚すくいでゲットした、最後の生き残りです。

他の金魚たちは、すぐお亡くなりになり、2匹ほどはきなこさんのゴハンになってしまいました。


水槽の水を汚すカメさんなので、残り餌処理対策で同居させてます。

f:id:yasunori-suteki:20170819081047j:plain

わかりづらい写真ですが、レンガの向こう側にいるのが、その金魚さんです。

この他に、ちっこいフナも1匹同居中。


ところが、この金魚に衝撃の事実が発覚しました。

…なんと、鯉だったのです。


なぜ鯉ってわかったかと言いますと、口の脇に2本のヒゲが生えてたんです。


ネットで調べても、金魚と鯉の見分け方は、ヒゲの有り無しだそうです。


鯉って、かなり大きくなりますよね。

小さい水槽での飼育なので、身体の成長には限界がありますが、うかうかしてられませんよ、きなこさん。